メリットとデメリットを両方把握した上で購入しよう

分譲住宅に対するイメージとして、住宅ローン審査が通りやすい・すぐに入居出来るといったメリットがあります。一方で、建築途中が分からないので欠陥住宅が見つかりにくいのでは無いかといった、不安を感じている人もいるでしょう。正しい知識と調査を行なうことで、安心して購入出来るのが分譲住宅です。

分譲住宅と建売住宅はどう違うのか

名古屋などで販売されている分譲住宅と、建売住宅の違いを理解している人は、さほど多くありません。実際には同じ意味で使われることもあるので、分譲住宅という呼び方を使用している人が意図している内容を汲み取ってあげることが大切です。
山や未整備地域をデベロッパーが一括購入して、土地を整地して区画割りを行い、似たような建物を建築して区画ごとに販売する住宅を分譲住宅といいます。建売住宅の場合には、既に建築済みの家を販売する方式のことを指しますが、未着工の段階で販売することもあるので、実質的に分譲住宅と同じ意味で使われることもあるわけです。名古屋などの分譲住宅ならば、付近一帯が同じ時期に順次分譲されるので、周囲にどのような建物が建築されるか事前に分かる点も、日当たり確認をする際に役立ちます。

注文住宅との違いを理解しよう

分譲住宅は注文住宅と比較されることが多いわけですが、設計の自由度では注文住宅に分があり、価格の安さと手間が掛からない点で分譲住宅にメリットが多いわけです。特に住宅ローン審査が行われる際には、分譲住宅は注文住宅よりも審査に通りやすい傾向があります。なぜなら、分譲住宅ならば土地と建物を一度に購入出来るので、住宅ローン審査に有利だからです。
一方、注文住宅ではまず更地を購入して、建物の建築確認後か建設後でなければ住宅ローンを組めないので、土地の購入代金にもローンを組むと2段階でローン審査を通さなければなりません。既にローンがある状態では、収入状況により住宅ローン審査が通らないことも考慮に入れる必要性が出てくるわけです。

購入検討段階で確認しておくこととは

名古屋などで分譲住宅を購入する際には、注文住宅とは異なり全てを自分で1から建築士と相談して設計するわけではないので、水回りなどはお任せで設計されています。注文住宅では、設計に問題があれば自己責任の範囲ですが、分譲住宅では購入決断をする前の段階で建築済みであれば、独自に依頼した建築士と共に確認作業を行なうと良いです。
建物に瑕疵が無いかどうかの確認を購入前に行わなければ、入居後に発覚しても購入キャンセルは出来ません。修繕可能な範囲であれば良いですが、余程の隠れた瑕疵が無い限りは業者にのらりくらりとかわされてしまう可能性すらあるからです。多少費用がかかっても、分譲住宅の購入前には自ら信頼できると考える建築士に、建物の安全性について調査してもらうことが必要でしょう。

創業80年以上の信頼と実績で、世代を越えて受け継がれる住まいをお届けします。 創業80年以上、地域の皆様と共に歩み続けてまいりました。経験と実績があります! 顧客満足度98%。約半数がご紹介のお客様です。 オーナー様サポートを最優先!地元密着の施工エリア。 自社の企業努力のみならず、協力業者様のお力添えもあり、お値打ち価格にてご提案が可能です。 サンショウドーでデザイナーズ住宅を名古屋に建てよう