更地の状態で確認することが大切です

既に土地を持っているなどの理由が無い限り、分譲住宅を選んだ方がトータル費用を安く出来ます。同時期に隣接する区画に同じ型の住宅が建てられることが一般的ですが、数タイプのデザインから選べる方式も登場しています。

土地建物をセット販売だからこそ安く出来る

名古屋などで分譲住宅を選ぶ最大のメリットは、住宅ローン審査が1度で済むことにあります。区画販売が行われる際には、多くの場合で既に建築設計は済んでおり、設備関連のオプション選択をするだけで済みます。建築確認を取れる状況が目前の状態で販売されていることが多いわけです。
住宅ローン審査を行えるのは、建築確認後または建物建築完了時です。注文住宅では、土地購入時に所持金で購入出来ない場合には、一旦別の繋ぎ融資を受ける必要があり、住宅ローン審査に響く可能性も考慮に入れる必要があります。分譲住宅ならば、デベロッパーが銀行融資先の斡旋まで行っていることが多く、販売する区画の大半で同じデザインまたは数パターンのデザインから選ぶことになっています。共通の建材を使えるほど、建築コストを下げることが出来るメリットがあります。

建築済みの物件はハイリスク

分譲住宅の中には土地区画販売の段階ではなく、既に建物の建築が修了している建売住宅も含まれます。土地が更地の状態で販売される分譲住宅よりも、建売住宅状態となってしまうとハイリスクな物件購入となりかねません。なぜなら、基礎工事や耐震工事、断熱材処理など建築途中に自ら別途依頼した建築士による抜き打ち検査を行なえません。
既に壁紙まで貼られた状態では、手抜き工事が行われていても分かりにくいことが多くなってしまいます。名古屋などで分譲住宅購入前に専門家に調査依頼をしても、既築の場合には検査費用が高額になりかねません。隠れた瑕疵があった場合には、購入引き渡し後ではどこまで対応してもらえるかが分からないこともあり、やはり建築途中を見られないことは不安材料となりかねません。

競争率の高さとお買い得は別の問題です

営業担当者が分譲住宅の申し込みを急かす理由として、営業実績を挙げる必要があるからです。実際には申し込みがまだされていない状況であっても、早く決断を迫ることで売り逃しを防ぐ狙いがあります。分譲住宅の購入は、人生の中でも大きな買い物になるので、慌てずじっくりと考えて最終的に申し込みを逃したとしても、納得した上で購入出来ないことの方が後悔しやすいからです。
名古屋などで分譲住宅を購入する際には、土地建物だけでなく通勤や買い物の利便性など、考える項目が多い中で判断しなければなりません。土地建物がセット販売されているからお得というわけではなく、分譲住宅だからこそ注文住宅よりも低コストで建築出来るものの、自分のニーズに本当に合った住宅なのか、冷静に判断する時間が必要となるでしょう。