満足して住宅を購入するために知っておきたい情報

毎月家賃を支払うならローンを払った方が最終的には得だと考える人は、分譲住宅の購入を検討するケースが多いでしょう。住宅購入は大きな買い物なので、住宅ローンの金利や将来のリフォーム費用も頭に入れておきたいところです。

住宅購入派と賃貸派の考え方

ある程度のお金が貯まる年齢になると、住宅を購入しようと考え出す人が多いです。賃貸住宅に住み続けて毎月まとまったお金を家賃として支払うよりは、自分の資産になる家を持っておきたいと、分譲住宅購入に踏み切るのです。毎月支払うローンの金額が家賃と同じ金額なら、よりその考えに近くなるでしょう。
賃貸住宅の場合、引っ越しや家族構成の変化に柔軟に対応できるメリットがありますが、最終的には、住宅が自分の財産とはなりません。賃貸派は、住宅を財産とはみなしていないだけで、賃貸派と持ち家派のどちらが優れているというわけではありません。
一方で、10年から20年のスパンで同じ土地に住む予定で、家族構成が大幅に変わることは無いと分かっている家庭なら、名古屋などで分譲住宅購入のメリットがあります。

金利が下がったらローンの借り換えチャンスかも

名古屋などで分譲住宅を購入するときに一番検討するであろう項目は、毎月支払うローンのことです。住宅ローンの金利が引き下がれば、合計で支払う金額は想定より低くなります。住宅ローンを組んでいて、世間の情勢から、さらに住宅ローンの金利が下がるようなことになったら、安い商品に借り換えた方がメリットを受けられる可能性が高いです。特に、まだまだ完済までには時間があるケースにおいては有効です。注意ポイントは、借り換え時に掛かる手数料です。銀行系、地銀系、ネット系のそれぞれで、どのような条件で手数料が決まるかが変わります。一括なのか、借り入れ額の何%なのか、調べて比較しておきたいところです。迷ったら、プロのファイナンシャルプランナーに相談するのも一つの方法です。

リフォーム費用を取り戻す

名古屋などで分譲住宅を購入し、長年住むのであれば、どこかのタイミングでリフォームが必要になることがあります。子供が大きくなったタイミング、退職のタイミングでリフォームをすることが多いです。古くなった水回りを新しく、汚れた壁紙を綺麗にして、同じ家でもリフレッシュできます。
節水型のトイレや高断熱の浴槽、内窓・外窓を設置して、家の内外から空気を逃さない仕組みにするリフォームが人気です。エコ住宅にリフォームすることで、国から補助金が出るケースがあるので、随時ニュースをチェックしておくべきです。住宅関連以外にも共通して言えることですが、このような補助金制度は事前申請するのが基本なので、リフォーム工事を始める前に必ず、役所に問い合わせをするクセを付けておきたいものです。